陰陽五行と梅雨

こんにちは
福岡県飯塚市で
約40種類の精油から
お客様一人一人の体質・心に合わせて選ぶ
完全オーダーメイド
アロマトリートメントを行っている
Healing Space スピカ
かじわら ゆりこです

 

【陰陽五行と梅雨】

 

 

少し先の話ですが(と言ってもすぐやってくる)

 

6月21日は夏至


陽の気が最も多くなりますが、
高温多湿の日本では、
暑さよりも湿気が不快に感じる季節ですね。

もう今も湿気が気になる日々。
連日蒸し暑さを感じます。

 

汗が乾きにくかったり、
雨に濡れたり、
家の中も湿気がこもったりすると、
体にも「湿」がたまりやすくなります。

すると、何となく重だるく、
むくみや食欲不振、
疲労感なども引き起こします。

 

 

中医学には、五行説を体に応用した
「五臓」の考え方があり、
人の体も「心・肺・脾・肝・腎」の
五つの「臓」に分けられます。

それぞれが五行説の木=肝、
火=心、土=脾、金=肺、
水=腎の位置関係にあり、
互いに促進したり抑制し合ったりする
関係にあって、バランスを取っています。

これは内臓を示しているのではなく、
人の体の生理機能や症状などを表しています。

 

 

体にたまりやすい湿を最も嫌う臓は?

そして、この時期、
体にたまりやすい湿を最も嫌う臓は
「脾=胃」です。

脾には食物を消化吸収し、
全身に送り届ける役割があります。

湿が脾にたまるとその働きを阻害し、
食欲が湧かない、何となく消化が悪い、
体がだるい、疲れやすいなど
さまざまな症状が出てきます。

 

この季節の食養生のポイントは
なるべく生もの
(特に刺し身など)は多食せず、
さらに冷たい飲み物も避けることです。

胃の弱い方は意識して消化がよいもの、
温かいものを選ぶようにしましょう。

むくみなどが気になる方はトウガン、
ハトムギ、小豆などの
利尿作用のあるものがお薦めですが、
体を冷やす涼性のものが多いので
ショウガや唐辛子などの香辛料を
一緒に取るとよいでしょう。

また、ニンニクやタマネギ、ネギ、
ニラなどには殺菌作用があるので、
この時期にかかりやすい食中毒予防のためにも、
毎食でも頂きたいものです。

 

 

この時期になると梅仕事が増えますね。
梅干しも食中毒予防に◎

 

そして、
スポーツやサウナ、入浴などで
体の巡りをよくして代謝を高めながら、
余分な水分=湿を汗として
排せつするのも一つの方法です。

 

スピカのボディトリートメントは?

スピカのボディトリートメントは
この陰陽五行に基づいた
アロマ+岩盤浴マットを取り入れたトリートメント。

アロマは事前の体質チェックで
選ぶのであなただけの
完全オリジナルブレンドになります。

効果効能で選ぶのではなく、
体質症状に合わせて選ぶサポートアロマ、
今のあなたに必要なアロマになります。

 

 

身体をじっくり温め、
自分では行き届かない背中も流せるので、
全身巡りが良くなり、
この時期滞りやすい 「湿」を取り気分スッキリ೨̣̥*♪

 

“雨の日や湿度の高い日に体調を崩しやすい”
という人は、
気をつけておきたいことです。

本格的に夏を迎える前に整えておくと、
暑い夏が過ごしやすくなるでしょう。

 

自分のクセや体質も気付けるので
オススメです。

 

 

─ なんでメニュー名が “ 自然 ” 五行なのか?
それは、陰陽五行は自然界を表しています。

バイオリズムが自然に
バランスよく保てますように、
日々の生活のヒントに、
と願いを込めて “自然” にしました。

 

 

つづく...⭐︎

 

必要としている人に届きますように🤲

 

本日もご訪問、ありがとうございました。

お会いできる日を楽しみにしております♩

 

 

スピカは
「ファンデーションを卒業する」をコンセプトの
ORGANIC MOTHER LIFE が取り扱う製品の正規取扱店です。

 

⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰⋱

Healing Space スピカ ☾-ヒーリングスペース スピカ 福岡県/飯塚市


宝石赤
初めてお越しのお客様はお得な 初回特典 御利用下さい。
宝石赤サロンメニュー
宝石赤お問い合わせ

女性専用
◆当日の受付は予約時間の6時間前まで
ご予約受付は →こちら←

 

お問い合わせ、ご相談はLINE@でのやり取りがスムーズです!
下記の追加ボタンから友だち追加お願い致します(^^)

登録特典あり!

友だち追加

営業時間/10:00〜20:00
定休日/不定休
※店頭販売をご利用の場合は事前に必ずお問い合わせ下さい。

福岡県飯塚市横田461-1 マルトミコーポ102号
※穂波イオン屋上駐車場近く
駐車場1台分あり

⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰⋱

コメント